ホーチミン生活

ベトナム生活 ホーチミンに住む準備:予算、持ち物、電話、ネット、交通は?

更新日:

この記事では、ベトナム、ホーチミンで海外生活をしてみたいというあなたが準備しておくといいことをまとめてみました。私が一年のホーチミン生活を通して経験したことや、先輩方から頂いたアドバイスなどを載せています。きっとあなたのお役に立てることでしょう。

一年間の予算

まず考えたいのが、ぶっちゃけた話、ベトナムでの生活費ってどれくらいと言う点です。

ベトナム語学留学 ホーチミンで暮らすための生活費はどれくらい?

ベトナムのホーチミンでベトナム語の留学をしたり,ベトナムで暮らしたりするにはどれくらいのお金が必要でしょうか。

続きを見る

私が一年間ホーチミンで暮らすのに、留学の授業料やバイク代などを合わせて最初の一年は100万円弱くらいでした。最初の年なのでわからないことも多かったのでちょっと多めの額になっていますが、軌道に乗れば一年70万円強くらいで生活できると思います。

海外旅行保険

ベトナムへの必需品! 海外旅行保険自動付帯のエポスカードを徹底調査

海外旅行、病気や怪我が心配ですね。今回は年会費無料なのにゴールド並みの海外旅行保険を保証してくれるマルイのエポスカードのメリットをご紹介。作って損はない最強カードです!!

続きを見る

日本でまだ仕事を辞める前にエポスカードを作っておきましょう。

国際電話

LINE OUTやスカイプなどで固定電話や電話番号にも電話をかけられるようにしておきましょう。そうでないと普通の国際電話はとても高く付きます。

https://www.brastel.com/personal/my050/jpn

わたしがいつも使っているのは、フリーダイアルもかけられるこちらのブラステルというIP電話です。

「+」「81(日本の国番号)」「相手先の電話番号」 入力⇒発信

海外から日本への国際電話のかけ方は、「+」をおして「81」を押した後、日本の電話番号の最初の「0」をとったものを入力ます。

「+」「84 (ベトナムの国番号)」「相手先の電話番号」入力⇒発信

日本からベトナムにかける際は、「+84」を入力した後、相手の電話番号の最初の「0」をとったものを入力ます。

日本からの持ち物

ホーチミン旅行準備の持ち物リスト

この記事では、ホーチミン旅行に先立って良い準備をするのに役立つ持ち物リストを作ってみました。ベトナムの気候や海外旅行中の健康などを視野に入れて準備してみましたので、きっとお役に立てられることと思います。

続きを見る

日本からはこの記事にあるようなものを持ってくれば問題ないでしょう。ホーチミンは大都市ですので大体のものは揃えることができます。しかし、女性の方なら化粧品などはかなり種類が限られてきてしかも効果になってしまうので日本から持ち込むのがベターでしょう。

服装 紫外線対策

ホーチミンは一年中30度くらいの気温です。日本の夏の格好をイメージされるといいでしょう。しかし、室内はクーラーが効いているので羽織るものがあれば疲れにくくていいかもしれません。

ベトナムの紫外線対策ファッション:ユニクロのエアリズムUVカットメッシュパーカ

常夏の国ベトナム。ホーチミンでは毎日強烈な紫外線が降り注いでいます。紫外線対策でおすすめなのがユニクロのエアリズムUVカットメッシュパーカ。

続きを見る

日差しがきついので日焼け止めなどの紫外線対策を忘れずに。私のおすすめはユニクロのUVカットのパーカーです。

虫除け

ホーチミンでは毎年10-11月にデング熱が流行します。

私のおすすめはこちらの蚊がいなくなるスプレーです。わたしは今日電話でANAに確認したところ、機内持ち込みもおそらく可能であると言う返事をもらいました。

しかし、係の人によっては持ち込みを制限されることもあるようです。預けて荷物に入れておくことができるかもしれませんね。

ちなみに化粧品にも言えることですが、液体類やスプレーを機内に持ち込むときはこのような袋に入れておく必要があります。

・ジッパー付き

・透明、プラスチック製

・容量は1リットル以下 (縦横の長さ合計40cm以下)

そして袋の中の容器の容量は、各100ミリリットル以下でなければなりません。

created by Rinker
ジップロック
¥399 (2019/04/24 06:51:32時点 Amazon調べ-詳細)

こちらのジップロックは規格に叶う袋です。

ベトナムドンへ両替

生活に必要なものはズバリお金です。

クレカを使ってベトナムのATMでベトナムドンを引き出す方法

ホーチミンの至る所にあるATMを使って簡単にベトナムドンを引き出す方法があります。クレジットカードを使う海外キャッシングです。

続きを見る

エポスカードを持っていればこちらの記事通りにすれば街中にあるATMでベトナムドンを引き出すことができます。

ホーチミンで両替レート最強の両替屋さんに行ってきた

海外生活で頭を悩ませる一つが両替、ですよね。今回はホーチミンで両替レート最強とブログや口コミでうたわれるHà Tâmという両替屋さんで両替してきたら驚きの結果が!!

続きを見る

一番率がいい方法は日本円をベトナムドンに交換する方法です。しかし、5000USD以上をベトナムに持ち込む際は日本の空港とベトナムの空港で税関の申請が必要です。無料で行なえますが、もし忘れると財産を没収されかねませんのでご注意を。

ビザの取得

ベトナムには15日間ビザ無しで入国することができます。しかし、ビザがない場合、前回のベトナム出国日から30日以上の期間が経過していなければベトナムに入ることができません。というわけでベトナムに住むにはビザの取得が必要です。この記事でもベトナムのビザの取得方法をご紹介してきましたが、最近変化がありました。外国人が半年や一年のマルチビザを取得しにくくなってしまいました。今までならベトナムにある旅行会社でインビテーションレター(招聘状)を発行してもらって取得ができたのですが、2018年の秋頃から旅行会社だと3ヶ月のビザしか取れない状態が続いています。とりあえず三ヶ月ビザでつなぐしかないかもしれませんね。

ベトナムの三ヶ月の観光ビザ(タンソンニャット空港アライバルビザ)の申請

この記事では、ベトナムの三ヶ月観光ビザをホーチミンのタンソンニャット国際空港でアライバルビザとして取得する方法を考えたいと思います。

続きを見る

招聘状を取得した後は国を出て、またベトナムに帰るときにアライバルビザを取得します。タンソンニャット空港での取得はとっても簡単です。日本に一時帰国する際に取得することができますね。でも、三ヶ月に一度も飛行機に乗るとお金がとってもかかってしまいます。

ベトナムの三ヶ月の観光ビザ(モクバイカンボジア国境アライバルビザ)の申請

この記事では、ベトナムの三ヶ月の観光ビザを申請した方法をご紹介しましょう。旅行会社での招聘状(インビテーションレター)の取得から、カンボジアとの国境(モクバイ国境)でアライバルビザを取得するまでです。

続きを見る

三ヶ月ビザを取得するのに一番コストパフォーマンスがいい方法はカンボジアの国境でビザを取得する方法です。移動費込みで12000円ほどでビザを取得することができます。

携帯電話 スマホ ネット

海外ではネット環境はとっても大切ですね。ベトナムは小さな駄菓子屋のような店からフォーマルな携帯屋さんまでどこでもSIMカードを購入することができます。

ベトナムでの携帯電話の使い方、SIMカードの購入(Mobifone)

私達の生活に無くてはならない携帯電話やスマホ。ベトナムで最大の携帯会社の一つMobifoneで携帯電話やスマホを運用する方法をご紹介します。

続きを見る

ベトナムの携帯料金は前払い制です。こちらの記事で携帯料金の払い方もまとめられています。

MobiFone NEXTアプリ:残高確認にチャージにプラン変更にも

残高確認だけでなく料金チャージやパケホプランの加入までとっても簡単にできるおすすめアプリ、MobiFone NEXTをご紹介します。

続きを見る

ベトナムの一キャリア、Mobifoneを使われるなら、こちらのアプリもスマホにダウンロードしておきましょう。

絶対必要なアプリ

ホーチミン生活の前に絶対に入れておくべきスマホアプリをご紹介しましょう。それがこちら!

グーグル翻訳

グーグル翻訳には、予めデータをダウンロードしておけば、ネット環境がなくても利用することができる「オフライン翻訳」という昨日があります。

まずは言語の部分をタップ

次にほしい言語の右横にある下方向の↓をタップ

(ちなみにチェックマークになっていたらすでにダウンロードが完了しているということです)

そしてダウンロードをタップします。すると言語の情報がダウンロードされます。

グーグルマップ

おなじみ Google Maps。しかし、ここでも大切な一工夫があります。グーグルマップにもネット環境がなくても使えるオフライン機能があるんです。しかし、日本ではまだ実施されていないので、ベトナムに来た後ダウンロードいたしましょう。

まず横三本線をタップ

次に「オフライン マップ」をタップ

「自分の地図」をタップ

自分のみたい地図の範囲を選択して「ダウンロード」をタップします。広ければ越したことはありませんが、容量が大きくなるのでそこはスマホのストレージと相談して決めてください。

ベトナムで人気のSNS

ベトナム生活で必須のSNSそしてショートメッセージアプリは、フェイスブックメッセンジャーZalo、そして楽天Viberです。

配車アプリ

ホーチミンは地下鉄がまだできていないのでタクシーを使うことが最初多くなると思います。そこで役立つのがぼったくりなどの被害をせずにすむタクシーの配車アプリ。

Grab はベトナムで一番有名な配車サービス。ベトナムの都市ならだいたいどこでもつかえます。

ホーチミンでバイクタクシーに乗るなら最安はこちらのGO-VIETです。この2つは入れておくようにいたしましょう。

家探し

ホーチミンで家を探すのにおそらく歩いて歩いていい家を探すことになると思います。

ベトナム 海外旅行でホテルを予約するなら Agoda できまり!

先日のムイネー旅行で泊まったホテルは、ホテルの検索、格安予約サイト「Agoda」でブッキングしました。とってもリーズナブルにホテルを探すことができますのでご紹介しますね。

続きを見る

最初は根拠地となる安いホテルに転がり込みましょう。ホーチミンの一区でも一泊1000円位出せば日本で言うビジネスホテル級のホテルに泊まることができます。

https://nha.chotot.com/tp-ho-chi-minh/quan-1/thue-bat-dong-san

つぎに、お部屋探しのサイトを見ながら良さそうな部屋を探していきます。よさそうな部屋があれば実際に行ってみて自分の目で確かめます。写真と実際の部屋がぜんぜん違うということもあるのでご注意を。この点でベトナム人のお友達に助けてもらうのがやっぱりいいですね。

ベトナム語留学

ベトナム語留学なら安くて良い教育が受けられる人文社会科学大学のベトナム語コースがおすすめです。二ヶ月3万円位で受講できます。

バス

ホーチミンの生活に慣れてきたらバスにも挑戦してみましょう。

バイク

ベトナムに長く住むならバイクは必需品です。ベトナムでは排気量50cc以下の原付に乗るのに免許はいりません

それ以上のバイクに乗るには運転免許証が必要です。しかし、ベトナムは国際免許の条約の加盟国ではないので国際免許が通用しません。それで、ベトナムで運転免許証を取得する必要があります。

おすすめは日本の運転免許証を使ってベトナムの運転免許証を取得する方法です。こちらの記事でまとめました。

ベトナムは日本とは違い右側通行です。また、信号ではほとんどの場合、赤信号でも右折をすることができます。バイクの盗難が日常茶飯事ですので、バイクを駐車する際は、管理人がいるような駐車場に止めるようにしましょう。駐車料金は2000〜6000VND(10〜30円)、時々高いところで10.000〜20.000VND(50〜100円)です。管理人さんは駐車券を手渡してくれますのでなくさないようにいたしましょう。

食事の注意

あなたが日本から来たばかりなら屋台のご飯や飲み物のは控えたほうがいいかもしれません。日本の衛生基準と比べるとかなり低いからです。

テーブルマナーとしてスープを飲む器以上の大きさの丼や皿を手で持ちながら食べることは行儀が悪いとされています。また、麺をすするのもあまりよろしくないようです。(しかしペチャクチャとご飯を食べるのは大丈夫なんですよねww)

会計は基本テーブルで済ませます。帰り際に店員さんに「ティンティン tính tiền 」といえば会計の準備をしてくれます。

病気の時

海外で生活するなら一度や二度食中毒や高熱に見舞われるのは普通のこと。

慌てず騒がず、こちらの記事を参考になさってください。

0120-11-0101(24時間受付)

81-18-888-8808

エポスカードの海外でのトラブル時の電話番号は上のようになっています。

高い熱が出たときはデング熱やインフルエンザの可能性があります。使う薬を誤ると悪影響が及ぶこともありますのでこちらの記事もご覧ください。

楽しいホーチミン生活を

いかがだったでしょうか?常夏の国ベトナム、その中でもずっと暖かいホーチミンシティー。もしかしたらあなたも気に入って気づけば何年も住み着いてしまったりしてしまうかもしれませんね。この記事では、ベトナム、ホーチミンで海外生活をしてみたいというあなたが準備しておくといいことをまとめてみました。これらは私が一年のホーチミン生活を通して経験したことや、先輩方から頂いたアドバイスです。あなたの素敵なサイゴンライフに少しでも役立てられるなら幸いです。

ホーチミンブログを応援する

ブログが面白かったら、こちら一日一回クリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ ←クリック!

 ←クリック!

各種SNSフォローもよろしくおねがいします。

またメールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

262人の購読者に加わりましょう

-ホーチミン生活
-

Copyright© ホーチミンブログ , 2019 All Rights Reserved.