ベトナム語会話

おごる ごちそうする 割り勘ってベトナム語でどういうの?

投稿日:

「今日はごちそうします」「奢ります」「今日は割り勘にしましょう。」友達関係でよく使うフレーズですが、ベトナム語ではどのようにいえばいいでしょうか。ベトナムでの割り勘やおごる奢られるに関する文化もご紹介。

割り勘はあまりしない

日本でよく行われる割り勘(ワリカン)。まず申し上げたいのは、ベトナムではあまり割り勘は行わず、誘った人が支払うというシステムになっています。これはベトナムだけでなく、中国や韓国など、日本を除いたアジアの多くの場所で見られる光景です。それでベトナムに来てから、ご飯に誘う前に自分の懐具合を考えるようになりました。

このようにかなりおごることが浸透化しているので、おごられる方もあまり恐縮せず素直に喜んでくれます。ちょっと申し訳無さそうな顔をしているなら、よくあるのは「今日は僕がおごるから、次は君が出してね」とか次にカフェにはしごするなら、「ランチは出すから、コーヒーは出してね」とよくいいます。

ちなみに「今日は私がごちそうします」は

Hôm nay tôi mời bạn nhé.

となります。 mời で「招待する」「ごちそうする」「おごる」という意味になります。もちろん人称代名詞は適宜入れ替えてくださいね。

ちょっと冗談で「ごちそうしてください」 は

Bạn khao đi nhé.

となります。

でも割り勘したいときもある

でもワタクシToshi、ずっとおごる奢られるの付き合いだとだんだんつづくとなんだかどうしても緊張してしまうんですよね。それに奢られる版のとき、遠慮しちゃって好きなものを注文できなかったりしてしまうんですよね。割り勘に安心感を感じてしまう、これって日本で育ったからなんでしょうか?

それに、ベトナム人、本当にフレンドリーなのでカフェで知り合った隣の人に挨拶したら意気投合して会話が続くなんてことがしょっちゅうあります。そんなときお会計で店の人が、会計を一緒にしちゃうことがあるんですよね。そんなとき

「別々で!」「割り勘で!」

っと言いたいことがあります、ベトナム語でどのようにいえばいいでしょうか?

割り勘

割り勘。つまり割勘定、精算をみんなで割るという意味ですね。

をベトナム語で言うと

chia ra để thanh toán tiền.

となります。 chia は「割る」、 thanh toán は精算という意味です。

もしくは一人づつ支払うという意味で

thanh toán tiêng

個人で支払う と訳すこともできます。

今日は割り勘にしましょう

ということで「今日は割り勘にしましょう」は

Hôm nay thanh toán tiêng nhé.

Hôm nay thanh toán chia ra nha.

このように言うことができます。また英語を使って

Hôm nay share nha. と表現することもできます。

今日ベトナム人の友だちから聞いたのですが、

Hôm nay Cam-pu-chia nhé. という若い子言葉があるようです。「Cam-pu-chia 」はカンボジアという意味ですが、最後の「 chia 」が割り勘の「 chia 」と同じ発音なので、洒落て若い子は言うようです。

ベトナムで割り勘

今回は割り勘のベトナム語の言い方を考えてみました。一つ注意はベトナムは割り勘の文化がなく、若い子どうしくらいでしか行われないということです。あまりにベトナムで割り勘を主張すると今度はベトナム人にとって居心地が悪くなるかもしれないのでご注意を。毎日食堂などで出会って食事をするような同僚や友達なら、ときに使う機会もあるかもしれませんね。

一押しクレジットカード!!


海外旅行で欠かせないのが海外旅行保険。急に病気や怪我になったときの心強い味方です。この年会費無料のエポスカードを持っていたら無料で自動的にゴールドカード並みの海外旅行保険がついてきます。私も何度かおせわになりました。この機会に絶対一枚作っておきましょう!

エポスカードの申込みはこちら!

ホーチミンブログを応援する

ブログが面白かったら、こちら一日一回クリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ ←クリック!

 ←クリック!

各種SNSフォローもよろしくおねがいします。

またメールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

310人の購読者に加わりましょう

-ベトナム語会話

Copyright© ホーチミンブログ , 2019 All Rights Reserved.