IT 使い倒し!! タイ・ラオス

英文残高証明書は住信SBIネット銀行が便利、ネットだけで無料で発行できます

ワーキングホリデーやその他のビザを取得しようと思うときに必要な書類の一つ、それが「英文残高証明書」です。この記事では、英文残高証明書をネット上で取り寄せることができる「住信SBI銀行」をご紹介します。

ホーチミンでタイのビザ

先日の記事でもお伝えしましたが、私Toshi、研修のためにちょっと長めにタイに行くことになりました。タイはノービザだと一ヶ月滞在することができますが、それ以上だとビザが必要になります。実はこのタイのビザ、ベトナムのここホーチミンのタイ領事館で取得が可能です。しかし問題はホーチミンで取得しようとすると少し多めの書類を準備する必要がある点です。その内訳が、

  1. パスポート
  2. 40USD(60日滞在可能な旅行ビザ)
  3. 証明写真 一枚 (3.5 ✕ 4.5)
  4. タイに入国するためのチケットのコピー、もしくはEチケットをプリントアウトしたもの(航空券、バス、船どれでもOK)
  5. タイを出国するためのチケットのコピー、もしくはEチケットをプリントアウトしたもの(航空券、バス、船どれでもOK)
  6. 銀行口座残高証明:預金額2万バーツ(8万円相当)以上の証明
  7. ハウスブック(ホテルを予約したときの情報をプリントアウトしておく)
  8. ビザ申請用紙(タイ領事館でもらえます)

とこれだけの書類を取り揃える必要があります。その中で「残高証明書」、日本の銀行で制作する場合、英語で準備知る必要があります。残高証明書の発行を依頼すると、多くの銀行では手数料がかかります。例えばゆうちょ銀行だと510円の手数料がかかります。また海外にいるなら、紙の残高証明書だと受け取ることができませんね。

その点今日ご紹介する「住信SBIネット銀行」なら、ネット上の手続きだけでPDF版の英文残高証明書を取得することができます。しかもなんと無料です。

住信SBIネット銀行は海外生活者必須

今日ご紹介するこの住信SBIネット銀行、海外生活者はおなじみのネット銀行です。なぜかというと月に3回まで他行宛の振込手数料が無料、コンビニATMの手数料も24時間無料なんです!

クレカを使ってベトナムのATMでベトナムドンを引き出す方法

ホーチミンの至る所にあるATMを使って簡単にベトナムドンを引き出す方法があります。クレジットカードを使う海外キャッシングです。

続きを見る

海外キャッシングの繰り上げ返済、または一時帰国の現金調達で本当にお世話になっています。そして今回は英文残高証明書の発行です。

まずは住信SBIネット銀行の口座開設をしましょう。

英文残高証明書をダウンロード

WEBサイトログイン後〔振込・振替支払 > 振込 > 新しいウィンドウで開きます。振込結果照会〕から手続きします。残高証明書を選択して次へを押します。

請求入力で忘れてはいけないのは「英文」を選ぶことです。

最後に印刷のボタンを押してPDFをダウンロードしましょう。

この英文残高証明書の見本がこちらです。あなたのパソコンにダウンロードしてプリンターで印刷しましょう。

住信SBIネット銀行より

 

色々便利な住信SBIネット銀行

この記事では、英文残高証明書をネット上で取り寄せることができる「住信SBI銀行」をご紹介します。この他にも住信SBIネット銀行には、海外生活者に嬉しいサービンスが盛り沢山です。この機会に口座を開いてみられてはいかがでしょうか。

ベトナムメソッドを応援!!

記事が面白かったらぜひこちらのボタンをポチッと押してくださいね!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ

また各種SNSやEメールでのフォローもお願いします! 記事の更新を確認できますよ!

またメールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

86人の購読者に加わりましょう

 

ポイント

--時間--- キャッシュバックは今!

英語始めるならスタディーサプリの新コース!!

⭐楽しくアプリが使えるようにドラマ式の内容に!
⭐より日常で「使える」英語が習得できる!
⭐NHK英会話タイムトライアル講師のスティーブ・ソレイシィ氏の講義動画が満載!

海外旅行保険自動付帯のエポスカード

⭐ 完全無料!
⭐ ゴールドカード並みの補償額!
⭐ いますぐ入会!

ベトナムへそして海外旅行へ行くのに欠かせないのが海外旅行保険。急に病気や怪我になったときの心強い味方です。エポスカードなら無料で自動的にゴールドカード並みの海外旅行保険がついてきます。私も助けられたベトナムメソッド一押しカード。この機会に絶対一枚作っておきましょう!

\ 記事はどうでしたか? /

-IT 使い倒し!!, タイ・ラオス

© 2020 ベトナムメソッド