一時帰国

一時帰国中の方必見!Apple製品や必需品を免税で安く買う方法

更新日:

この記事では、多くの海外生活をしている日本人も利用することができる「免税」について取り上げたいと思います。

あなたは、免税って聞いた事がありますか?よくお店に「TAXFree」の文字が書かれていますね。「爆買い報道」などを思い浮かべられたかもしれません。とりあえず日本人の私には関係ない……

なんて思っていませんでしたか?

実は、今海外で生活しているあなたもこの免税の駅を享受する事ができるかもしれないのです!!

免税って?

免税、読んで字のごとく

税が免除されること

つまり消費税を払わなくてもいいですよってこと!!

つまり、消費税分の10パーセント割引になるってことですね。

5000円なら500円ほ……

10000円なら1000円

100,000円なら10,000円!

150,000円なら15,000円 !!

パソコンなどの大きな買い物であればこの8パーセント、結構大きなウェートを占めてきますね!!これはお得!!

 

免税の対象になる人

基本原則として、免税対象になるのは……

非居住者

っと呼ばれる人たちです。

つまり、日本に住んでいない人ということになります。

外国人なら日本で生活していなければ大体対象になりますが……

実は日本人でも該当する人がいるんです!!

このサイトによると日本人の場合の「非居住者」の定義はこうなります!!

非居住者
❶外国にある事務所(日本法人の海外支店等、現地法人、駐在員事務所及び国際機関を含む)に勤務する目的で出国し外国に滞在する者
❷2年以上外国に滞在する目的で出国し外国に滞在する者
❸[1]及び[2]に掲げる者のほか、日本出国後、外国に2年以上滞在するに至った者
❹[1]から[3]までに掲げる者で、事務連絡、休暇等のため一時帰国し、その滞在期間が6か月未満の者

http://www.mlit.go.jp/kankocho/tax-free/about.html

ここで二番目の項目をご覧ください!!

2年以上外国に滞在する目的で出国し外国に滞在する者

つまり、二年間海外に暮らしていなくても、2年以上生活する「目的」で日本を出た人も対象になるんです。

あくまで「目的」ですので、免税品を購入しても2年間以上達成できなくても罰則があるわけではありません。

この基準なら、留学やワーホリで海外に行く人も対象になってきますね。っというより大体の海外生活者は「非居住者」あつかいということができるんです!!

ただし、日本に半年未満の滞在でないと「居住者」扱いになってしまいます。一時帰国は180日未満の滞在でなければなりません。

わたしもベトナム生活もうすぐ一年、まだまだベトナムでの仕事が続きそうですので「目的」があるとみることができます!!

 

免税に必要な持ち物

免税処置を受けるのに必要なものは……

パスポート

です!!

忘れずに持っていくようにしましょう!!

 

どこで免税が受けられるの?

次に免税が受けられる場所。全てのお店で受けられるわけではありません。

許可を受けた「免税店」の店舗で受けることができます。

っといっても、免税が受けられるお店は、だいたい大きな「TAX FREE」「免税」の看板が掲げられているのですぐにわかります。

 

TAXFreeの家電量販店でMacBook Airを買ってみた

今回私が訪れたのは、北神戸にあるイオンモール。

お隣に神戸三田アウトレットがあるのでめちゃくちゃ海外の人がやってきます。

ここの家電量販店「エディオン」が免税処置を行ってくれるということです。

ちょっと前から、私のノートパソコンが結構遅くって仕事が大変だったので、新しいノートパソコンを買うために行ってみました。

この秋に発売されたばかりの新しいMacBook Proにするか旧型のMacBook Proにするかめちゃくちゃ迷ったのですが……

臆病風に吹かれて、以前のUSB端子が残っている旧式を買うことにしました。(だって僕チンUSB-Cなんて今までみたことないんだも〜ん)

っということで早速免税処置を受けてみることにしました。

っと言ってもパスポートを渡して書類にハンコするだけ!!めっちゃ簡単です。

最後に店員さんがパスポートにレシートをホッチキスでつけてくれます。空港の税関でこのレシートを見せます。

ここで注意!新しく買ったパソコン、是非とも過ぎに開けたいと思うのは山々なのですが、免税で買った商品は海外に出てから開封しなければなりません!!注意しましょう。

 

消耗品も免税で購入してみた

このAEON、シャンプーや化粧品、また食料品などの消耗品も免税で購入する事ができます。

パスポート

購入した商品

レシート

を持ってサービスカウンターへ行きます。

カウンターで聞いてみると消耗品五千なんぼか以上で免税対象だということだったので6000円くらいを目標にお買い物開始!!

とりあえずいつも使う石鹸とかシャンプーなどの日用品を爆買いしていきます。

いろんなブースを回って、最後にサービスカウンターへ。

免税処置はいたって簡単。レシートと買い物した商品と後パスポートを提示します。

そしたら後は係の人が手続きを行ってくれます。

最後にサインするだけでした。

ここでも店員さんがレシートをパスポートにホッチキスでつけてくれます。

ほら、こんな感じで商品は袋づめされます。消耗品も海外に出るまで袋を開けてはいけません。そして消耗品は30日以内に持ち出すことが義務付けられています。

 

空港で

最後にベトナムに帰るときに空港の税関で手続きを行います。

パスポートのつけられたレシートと購入品の確認が行われます。っという事で免税で買ったものは預け荷物に入れないほうがいいでしょう。

っという前情報だったので、とても厳密に調べられるのかとめちゃくちゃ緊張していたのですが……

「日本人の方ならパスポートについているレシートをちぎってここにいれてもらえればいいですよ〜〜」

めっちゃ簡単で拍子抜けしました!!私の場合購入品の確認はありませんでした!!

 

いかがだったでしょうか?

この記事が面白かった!っと思ったら……

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
ぜひクリックお願いします!!

海外生活者の多くが利用できるであろうとってもお得な免税処置。

今度日本に帰られるあなた!利用されてみてはいかがでしょうか?

一押しクレジットカード!!


海外旅行で欠かせないのが海外旅行保険。急に病気や怪我になったときの心強い味方です。この年会費無料のエポスカードを持っていたら無料で自動的にゴールドカード並みの海外旅行保険がついてきます。私も何度かおせわになりました。この機会に絶対一枚作っておきましょう!

エポスカードの申込みはこちら!

ベトナムメソッドを応援する

この記事が面白かったら、こちら一日一回クリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ ←クリック!

 ←クリック!

各種SNSフォローもよろしくおねがいします。

またメールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

310人の購読者に加わりましょう

-一時帰国

Copyright© ベトナムメソッド , 2019 All Rights Reserved.