学習コラム 日本語教えるつもりでベトナム語

教えるつもり学習法で効率良くベトナム語を勉強【本当は秘密にしたい新連載!】

更新日:

この記事では、ベトナムの友達に日本語を教えてあげることによってちゃっかりベトナム語を効率よく上達させる方法をこっそり教えちゃいます!新連載も発表しますよ。

このブログもこの記事で500記事に達しました。このブログではベトナム語の情報を皆さんにシェアしていますが、一番益を受けているのは誰だと思いますか?タダでベトナム語の学習素材を手に入れられる読者のあなたですか?じつは!!

ラーニングピラミッド

こちらの図をご覧ください。これはアメリカ国立訓練研究所という機関が発表した「ラーニングピラミッド」という図式です。何かと言うと、ある学習法でどれだけ身につくかを表した表だということができます。同じ時間同じ努力を払っても、習得する量が違うなら、習得できる量が多い、効率的な学習法を選ぶなら時間の節約になるってことです。

この図を見て分かる通り、わたしたちが勉強としてまず考えてしまう学校での勉強「講義」は最も効率が悪い学習法となってしまいます。学んだことのたった5%しか身につかないんです!バイトで時給1000円だと聞いていたのに、終わったらたったの50円しかもらえないようなもの。これは悲しいですね……

次に読書や資格教材、このブログを読んだり、録音CDを聞いたりするのがこの学習法ですね。学校の勉強よりは身につきますが、それでも10〜20%、100円か200円しか儲からない計算です。

ここまでは知識を取り入れるインプットの学習ですが、これより下は学んだことを積極的に使っていくアウトプットの学習といえます。デモンストレーション、つまり実演を演じてみたり、討論などはより効率的な学習法、そしてその上を行くのは「自ら体験」つまり外に出て実際の外国人に話しかけていくことですね。その国の言語を母語とする友達とあってたくさん話しましょうとよく言われるのはこの所以です。

しかし!この実践学習を凌駕するもう一つの最強学習法があります。それが……

他の人に教える!!

そう、このベトナム語の記事を準備していて一番得をしているのは何を隠そう私Toshiであるのです!!

教えるつもり学習法

このラーニングピラミッドを応用すると、あなたも人に何かを教えようとすると結果自分が一番その分野の知識を習得できるということになります。これを「教えるつもり勉強法」といいます。

でも、ベトナム語勉強しだしたばかりで人様にベトナム語を教えるなんてそんなこと……

っと思われたあなた。良い方法があります。それが、

日本語を勉強したいベトナム人に日本語を教えてあげる

これです!そしてこのとき、できるだけベトナム語を使って教えてあげましょう。教えてあげる部分を前もってよく予習しているとなおグットです。

日本語を教える方法

友達に日本語を教えてあげるとき、私が愛用しているのがスリーエーネットワークの「みんなの日本語」という本です。

created by Rinker
¥2,700 (2019/06/16 05:55:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,700 (2019/06/16 05:55:44時点 Amazon調べ-詳細)

日本語学習といえばとりあえずこの本と言われる日本語教科書の代名詞的存在。それでネットやユーチューブで教え方をいくらでも調べることができます。

そしてこのようにベトナム語の解説が載っているバージョンも存在します。ベトナム語と見比べながら説明すれば、あなたも知らない間にベトナム語が頭に入ってくることでしょう。

新しい連載について

ここで新連載の発表です。この教えるつもり勉強法を皆さんにも行ってもらうために、私トシがベトナムの友達に日本語を教えるときに使うノートをブログ化していこうと思っています。ベトナム語での長い説明は難しいとしても、短いベトナム語なら説明しやすいと思います。この連載ではこのような書き方で日本語が説明されています。

新連載「Chúng ta hãy học tiếng Nhật !」

ここは食堂です。

Đây là nhà ăn.

ーーはーーです。 ーー làーー

ここ ở đây

「は」 Hiển thị chủ đề 主体を示す は

ここ  đây
そこ chỗ đó
あそこ chỗ kia

このように必要最低限の説明を日本語とベトナム語でしています。あとはあなたの腕と努力に任されています!

教えるつもり学習法で効率良くベトナム語をマスター

他にも、ベトナム語を勉強している日本人通しで勉強して得た知識を教え合ったり、私のようにノートに教えるつもりでまとめていったりすることができるかもしれません。

中国語を勉強していた頃、「NHKテレビで中国語」の講師がこんな事を言っていました。「人に一杯の水を差し上げるには、おおきな かめ ひとつ分の水が必要だ」。この言葉の通り、教えるためには生徒が学習する以上の知識を取り入れておく必要があります。一生懸命予習して、生徒から質問を受け、また調べて、一生懸命伝える、そうこうしているうちに、気づいたらペラペラベトナム語を話しているかもしれませんよ。

ホーチミンブログを応援する

ブログが面白かったら、こちら一日一回クリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ ←クリック!

 ←クリック!

各種SNSフォローもよろしくおねがいします。

またメールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

281人の購読者に加わりましょう

-学習コラム, 日本語教えるつもりでベトナム語

Copyright© ホーチミンブログ , 2019 All Rights Reserved.