中国語

「道歉」と「抱歉」の違いって何? 謝罪の中国語をマスターしよう

「道歉」と「抱歉」。違いはなんですか? 答えられますか? 中国語でとてもにていて使い方に困る2つの言葉ですね。この記事では、謝罪する、謝る、申し訳なく思うという意味を持つ「道歉」と「抱歉」の違いを見てみましょう!

「道歉」と「抱歉」ってどう違うんですか?

2つともとてもにている言葉ですね。どちらも謝ることに関係があります。またどちらも日常ではあまり使わない言葉ですね。日常の中国語では、謝るときには「不好意思」か「对不起」かを一般的によく使うので、初心者であれば、使わなくても中国語のコミュニケーションに問題なくできてしまいます。

しかしこの機会に、一歩中国語の上級に足を踏み入れてみましょう!!

dàoqiàn 謝罪する 謝る

まずはじめに「道歉」。これは、動作、行為としての「あやまる」という意味があります。

漢字を分解すると 「歉(謝罪の気持ち)」+「道(方法)」となるので、「謝罪の気持ちを示す方法」転じて「謝罪する」「謝る」という意味になるのですね。

dàoleqiàn
私は彼に謝罪しました。

zhèngzhòngxiàngdàoqiàn
心からお詫び申し上げます。

このように、道歉 は 「向……道歉(…… に謝る)」という表現を作ることができます。

bàoqiàn
 申し訳なく思う

一方「抱歉」は、「申し訳なく思う」と、謝罪の気持ちをさします。

こちらも漢字を分解すると「歉(謝罪の気持ち)」+「抱(いだく)」で「謝罪の気持ちをいだく」転じて「申し訳なく思う」という意味になります。

bàoqiànláiwǎnle
申し訳ありません、遅れました。

hěnbàoqiàn
誠に申し訳ありませんでした。

このように、実際に謝る場面で相手に「抱歉」といいます。

对不起duìbuqǐよりフォーマルな場面に使う

この「抱歉」は、「对不起」と置き換え可能です。一般会話では、「对不起」のほうがよく使われます。「抱歉」は、もっとフォーマルな場面、ビジネスとか、企業とか、記者会見とか、そのような重々しい場面で使います。

なるほど! 行動か気持ちかという違いですね!!

そういうことですね! 使えればちょっとフォーマルな中国語をつかえるようになる「道歉」と「抱歉」。是非覚えて使ってみてくださいね!!

ポイント

「道歉」: 謝罪の行動 「謝罪する」「謝る」

「抱歉」: 申し訳なく思う

あなたのためのカルチャーコンサル!!

今回の授業はここまで! いかがでしたか?

この記事面白かった! あなたもそう思ったらぜひこちらのボタンをポチッとお願いします!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ ←クリック!

また各種SNSやEメールでのフォローもお願いします! 記事の更新を確認できますよ!

またメールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

66人の購読者に加わりましょう

-中国語

© 2020 カルチャーコンサル