テクノロジー 中国語

中国語フォントをパソコンで使う方法【Windowsでもとから使えるフォントを一挙公開!】

パソコンで中国語の文章を作成するときに問題になるのが、フォントです。日本語のフォントをそのままにして中国語を入力すると、ところどころフォントが違って表示されてしまいます。今日は中国語のフォントをウィンドウズのワードやエクセルで使う方法を勉強しましょう。

中国語を入力するためのソフト「搜狗输入法」をお伝えいたしましたね。

おすすめの中国語入力ソフト「搜狗输入法」の使い方【Windows】

中国語入力が本当にスムーズに行える、そして無料でダウンロードできる中国語入力ソフト「搜狗输入法」。この記事では「搜狗输入法」のダウンロードから初期設定、使い方までご説明させていただきます!!

続きを見る

このソフトはWindowsでもダウンロードして使うことができます。

https://pinyin.sogou.com/

こちらの公式サイトからダウンロード可能です。

中国語は入力できるようになったんですが、字体がなんだかうまく行かないんです……

あらあら、それはこのような状態でしょうか?

中国語を打ってみたものの、上の写真のようにフォント、自体が変に入り混じって表示されている、なんてことありませんか? これ、あなたが選択しているフォントが中国語の漢字に対応していないから生じる現象なんです。

日本語のフォントは中国語に対応していない

「漢字」と一口に言っても、現在公式に使用されている漢字には3つ種類があります。

  • 繁体字: 簡略化していない字体。台湾、香港などで使用。
  • 簡体字: 中華人民共和国政府が漢字を簡略化。中国大陸で使用。
  • 日本の漢字: 日本政府が漢字を簡略化。

この三種類、違いがあまりないこともあれば、

(繁 簡 日)

濱 滨 浜

藝 艺 芸

讀 读 読

賣 卖 売

鐵 铁 鉄

この例のように、ちがいがかなりあることもあります。

私達日本人が一般に使う字体は「日本の漢字」が登録されています。しかしその殆どが、繁体字や簡体字に対応していません。それで、上の写真のような失敗が起きてしまうのです。

なるほど! 中国語には中国語フォントを使わないといけないんですね!

もともとある中国語フォント

でも、どうすれば中国語フォントをつかって書類を作れるんですか??

実はあなたのコンピュータにも、すでに中国語フォントがインストールされています。Windows10でもとから使える中国語フォントをご紹介しましょう。

DengXian

DengXian

SimSun

SimSun

SimHei

SimHei

KaiTi

KaiTi

Microsoft JhengHei

Microsoft JhengHei

Microsoft YaHei

Microsoft YaHei

こんなにいっぱいあるんですね!!

使い方

でもどうやってこのフォントを使ったらいいんですか?

それでは、使い方を見てみましょう。

1. まず、アルファベット表記で書かれたフォントの名前をコピーします。

2. 字体を変えたい語句を選択する

3. フォントのボックスに、先ほどコピーしたフォントの名前を貼り付ける

やったー! これで、フォントを変更して自体を変えることができました!!

今日は、もともとWindowsに入っている中国語のフォントについて取り上げました。まとめましょう

ポイント

DengXian

SimSun

SimHei

KaiTi

Microsoft JhengHei

Microsoft YaHei

これらのフォントを使うことができます。ぜひぜひあなたも、中国語のフォントを変えて、魅力的な文章をパソコンで書いてみてくださいね。

あなたのためのカルチャーコンサル!!

今回の授業はここまで! いかがでしたか?

この記事面白かった! あなたもそう思ったらぜひこちらのボタンをポチッとお願いします!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ ←クリック!

また各種SNSやEメールでのフォローもお願いします! 記事の更新を確認できますよ!

またメールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

66人の購読者に加わりましょう

-テクノロジー, 中国語

© 2020 カルチャーコンサル